夜霧

このところ、豪雨、台風、地震と
自然災害が多発しております。
被害にあわれた皆様に、職員一同、
謹んで心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興と皆様の安全を
心よりお祈り申し上げます。



さて、雨の日の夜に高速道路を走ると、
桜三里あたりのトンネルで
深い霧に包まれることがあります。

夜の霧は視界がとても悪く、
慎重に運転しなければならず
怖さがあるのですが、
同時に、暗闇で遠くに光る
テールランプやフォグランプが
幻想的で、美しさを感じます。

闇が深いからこそ引き立つ、光の美しさ。
大自然で見る星空が美しいのも、
空が暗いから。

「光」と「闇」。
対極であることが互いの存在価値を高め、
どちらも必要であると認識させてくれます。


「晴れの日」と「雨の日」。
「嬉しい日」と「悲しい日」。
「話し上手な人」と「聞き上手な人」。
「情熱的な人」と「冷静な人」。

世の中のバランスを取るためにも、
対極的なものは必要なのでしょう。


20180819_185532.jpg
写真は夕方の城山公園。
朝夕は風が心地よい季節になりました。
秋はいつも、突然やってきますね。