新入職員歓迎会

先週、医療法人門の内会、社会福祉法人潤和会、
栗林薬局合同の新入職員歓迎会を行いました。
ご縁に恵まれ、本年度は9名の方をお迎えすることができました。

1524448869557.jpg

理事長からの挨拶では、冒頭に当院の庭で満開の
ハナミズキの美しさについて、話がありました。

DSC_1409.jpg


ハナミズキは北米原産で、明治45年に当時の東京市長が
アメリカに桜の苗木を送ったお礼として、大正4年に
日本に送られ、以降日本に普及しました。
アメリカヤマボウシとも呼ばれるのだそう。

ハナミズキと言えば、一青窈さんの歌を思い出す方も
多いのではないかと思います。
歌詞の中に「君と好きな人が百年続きますように」
というフレーズが何度か登場しますが、
ハナミズキの花言葉は「永続性」。

DSC_1408.jpg

日々学び、日々進化をしながら、変わらぬ愛と志で、
永続性のある組織を目指したいと思います。


また、歓迎会の締めの挨拶では、特別養護老人ホーム
なごみ施設長より、佐藤一斎さんの
「春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む」
という言葉の紹介がありました。
春風のように、暖かさ(温かさ)を持って人と接し、
自分自身に対しては、秋の霜のように厳しくあれということ。

確かに、春風はとても爽やかで心地よいものです。
いつどんな時も、誰に対しても春風のような人でいれるよう、
今年度も精進したいと思います。