環境

先月、東京に行った際に銀座に新しくできた複合施設、
銀座SIXに行ってみました。
アーティスティックな空間に厳選されたお店が並び、
都会的なセンスを強く感じましたが、
その一角に癒しの空間がありました。

DSC_0893.JPG

リビングウォールアートという、高さ12メートルの壁面に
滝を写した映像作品。
仮想の三次元空間に岩を立体的につくり、
その岩に水を落下させているのだそう。

滝には癒しの効果があると言われており、
確かに都会の中に癒しを感じました。


そして今月、道後温泉で出会った癒し。

DSC_0921.JPG

道後.jpg


リビングウォールアートの迫力には及びませんが、
水のせせらぎや虫の鳴き声、マイナスイオンを感じる空気。
やはり本物の自然の方がしっくりくるのは、
田舎に生まれたからなのでしょうか。

人体最大の臓器である「皮膚」。
この皮膚一枚で、私たちの身体は外の世界と明確に
区別されています。

だとするならば、薄い皮膚一枚隔てた外側の環境から
受ける影響は大きなもの。
どんな環境に身を置くかは、自分の人生を創り上げる
過程において、重要な選択肢なのだと思います。